What should I do?

私達は何をすべきなのか?独立すべきではないか?

IT業界の職業は様々あり、システム系のものだけでもいくつかの種類があります。
まずはよく聞くシステムエンジニアです。顧客のニーズに合わせたシステムを作るときの設計図を考えます。
そして、このシステムエンジニアを統括するのがシステムアナリストです。コンピューター導入をしたい企業に対し、どの部分をコンピューター化させればいいのか、どのようなシステムがいいのかを分析して提供する仕事です。ソフトウェア関連の仕事では最上位にあたる仕事でもあります。
それから、システム監査技術者という職種もあります。これは第三者的な立場から企業内の情報システムに関して総合的に点検をする仕事で、結果を関係者や経営者に報告し改善点を発見します。
そして、すべてのシステムエンジニアの最終目標である職種と言われる、コンサルティングシステムエンジニアです。この仕事は、顧客とシステムエンジニアの橋渡しを行う役割りを持っています。顧客からシステム導入に関する希望や必要なことを聞き出し、現状の仕事におけるシステムを分析して、最適なシステム環境の提案をします。顧客とシステムエンジニアとの橋渡し役なので、高度なコミュニケーション能力も求められます。

このように、システムに関する仕事はたくさんあります。システムエンジニアはIT業界以外ではあまり使えない知識や能力しか習得できない、と言われることもありますが、実際はシステム構築という非常に論理的思考を使うものなので、IT業界以外でもその能力は活かせると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です